後悔しない離婚をするためにしておいた方がいいこと4つ

離婚で後悔をしないために

離婚届け

 

日本は離婚が少ない国だと言われていましたが、今では1分に1組が結婚し、2分に1組が離婚する時代になりました。

 

離婚する原因は様々ですが、原因によっては離婚する前にやっておいた方が良いこともあります。
実際に離婚した人が後悔している理由に「不倫、暴力、性の不一致、生活が苦しかった」などがあります。

 

これらの理由の場合、離婚する事前にやっておいた方が有利に離婚できる場合があります。
では、離婚前にやっておいた方が良いこととは何でしょうか。

不倫の場合

相手が不倫している場合は、感情的になると負けです。
不倫が分かった時点で弁護士に相談しましょう。

 

すると、証拠を集めるように言われますから、ホテルの領収書やLINEの履歴などの証拠を集めておきましょう。
できれば、配偶者と不倫相手が写っている写真が欲しいところです。

 

また、不倫の場合相手にお金をかけるので金遣いが荒くなってきます。
カードなどを持っている場合は必ず明細を残しておくようにし、配偶者のレシートなどは写メにとっておきましょう。

 

不倫の証拠として、レシートやLINEの履歴、写真などは相手が確実にいるということがわかるのですが、お金が絡んでくると、お金に関する証拠も必要です。

 

これだけのお金を使って家計を圧迫したと言えるので、この2つは必ず証拠として残しておきましょう。
ただ、少しでも配偶者を信じたい気持ちがあるのであればじっくり話すことです。

 

離婚した人の中には、本当は離婚したくなかった、今でも気持ちが残っているという人もいます。

 

また、子供がいる場合は、子供にも迷惑がかかることですから、自分もグラグラ揺れている中で離婚となると子供はもっと辛くなります。

 

ですので、離婚をする前に自分の気持ちをきちんと確かめるためにも冷静に何度も話し合う必要があるでしょう。

 

実際に不倫が原因で離婚した人の体験談には
「感情的になって起こってしまい、その場で離婚を言い渡してしまいました。
証拠も何もなかったので離婚に時間がかかりましたし、時間がかかった分精神的にもつらかったです」
ということでした。

 

離婚を決めたら早く決着をつけるためにも証拠集めが重要なのですね。

暴力の場合

次に「暴力」という離婚原因の場合、これも証拠が必要です。
暴力は言葉の暴力も同じことで、手を出さないことが暴力をふるっていないことにはなりません。

 

身体的な暴力を受けている場合は、隠しカメラなどを設置する、もしくはボイスレコーダーを設置します。
そして、必ず病院に行き、医師の診断書をもらっておきましょう。

 

診断書をもらってからも暴力があった場合は、傷が増えていますのでまた診断書を書いてもらいます。
すると暴力が日常的に行われていることがわかります。

 

また、実際に暴力をふるっている映像があれば強力な証拠になります。

 

暴力を受けている人は手を出される、もしくは暴言を吐かれる恐怖心がありますので一刻も早くその環境から脱出しなければなりません。

 

子供がいればなおさらです。
自分だけならと我慢するのは間違いで、その暴力を見ている子供にも悪影響です。

 

手を出したらすぐに離婚するくらいの覚悟が必要です。

 

実際に暴力で離婚した人の話では
「もっと早く離婚していればよかった。優しくされると本当の主人はこっちなんじゃないかと錯覚していた」
ということをよく聞きます。

 

暴力をふるう人は、そのあととても優しく接するのでつい許してしまいがちですが、暴力をふるうこと自体間違えています。

 

まずは、証拠を集めてすぐにでも離婚できる状態にし、安全な生活ができるところに引っ越す方が良いでしょう。

性の不一致の場合

次に「性の不一致」ですが、実は若い世代の離婚原因第1位は性の不一致です。

 

ただし、性の不一致で離婚して後悔しているというのは、「なんで性の不一致で離婚したんだろう」と言う意味です。

 

これまでの原因は、自分が有利に早く離婚するための事前準備でしたが性の不一致の場合、離婚してしまったことへの後悔です。

 

実は、性の不一致だからと離婚しても、性がぴったり合う人になかなか巡り合えないそうで、「性以外は何の問題もないのに、どうしてこれくらいのことが我慢できなかったのだろう、なぜもっとちゃんと話さなかったのだろうという」という後悔している体験談がたくさありました。

 

実際、20代、30代の時はセックスしないなんて考えられないと思っていても、40代になると「なんであんなにセックスのことを気にしていたのかわからない」ということが多いそうです。

 

若い間は、どうしてもセックスに目が行きがちですが、年齢と共に体力も衰えますし、もっと大きな問題も出てきます。

 

長年連れ添うのですから、納得いかない時は話し合いが必要ですし、恥ずかしがって言わなければ悪化するだけです。

 

性の不一致で離婚を考えている人は、もう一度パートナーと話し合ってみてはいかがでしょうか。

お金のトラブルの場合

最後に「生活が苦しかった」ということで、借金問題や夫が仕事をしないことで生活が苦しくなり離婚することがあります。

 

生活苦が原因で離婚した人が後悔しているのは、いつから毎月どれくらいの借金を返して、自分はどれくらいの返済を負担して、夫はどれくらいの返済をしているかなど、返済に関する細かい証拠を残していなかったことです。

 

夫が仕事をしていない、もしくは辞めてしまった場合は離職票を必ずもらい、いつ辞めたかがわかる書類を残しておきましょう。

 

また、生活がどれくらい苦しかったかということで光熱費や食費など生活にかかったお金を管理するためにレシート付きの家計簿も付けておきます。

 

レシートが証拠になりますから、どれくらい苦しい生活かがわかります。

 

実際に生活苦で離婚した人の体験談で
「生活が苦しくてそこまで頭が回らなかった。
明細は毎月これだけ返済していくという契約書だけ取っていたので主人が毎月どれくらい働いて、どれくらい返済していたかが証明できずに苦労しました。
レシート付きの家計簿があれば生活状況がわかるのに、それも忙しさからできていなかったので、離婚まで長い時間がかかりとても辛かったです」
というお話がありました。

 

お金の問題は精神的にもかなりのストレスになり、お金がない=生きていけないと判断しますので生命を維持する部分ですから、脳が一番ストレスを抱える問題です。

 

借金が原因で鬱になる人、自殺する人までいますから、自分の精神状態も考えて早めの対処が必要です。

 

離婚が正式に決まった後に、「こんなに楽になるならもっと早く離婚しておけばよかった」という体験談も良く目にします。

 

精神的な負担は健康面でも影響が出てきますので、早めに対処しましょう。

 

矢印の画像結婚に関する相談なら…結婚・離婚を占う電話占い口コミランキング

関連ページ

彼から生年月日を聞き出す方法
あなたは気になるあの人の生年月日を知っていますか?片思いの相手の生年月日を知ることができれば、誕生日にサプライズできたり相性占いができたりと、彼と接近するのにとても役に立ちます。そこで気になる人から生年月日聞き出す方法を3つ伝授します♪
復縁のおまじない
「別れた彼とよりを戻したい…」元彼に未練があり復縁したい女性は少なくありません。そんなあなたに強力な復縁のおまじないをご紹介しましょう。おまじないで実際に復縁できた体験談も載っています。あなたの復縁が叶い幸せな日々を送れますように。
返信率が高まるLINE例文
復縁したい元彼のLINEにどんな文章を送ればいいのか…迷ったことはありませんか?せっかく送ってもまた既読スルーなんてことも。。そこで分かりやすい例文と実際の体験談を交えながら、4つの返信術をご紹介します!LINEをきっかけに復縁を成功させましょう
遠距離で恋を成就させる方法
遠距離で片思いは普通の近距離片思いに比べ、成就はさせにくい恋愛です。ですが、そこで諦められたら苦労はしません。なんとか遠距離片思いを成就させたい!そんなあなたに私の友人が実際に成就に成功させた方法を教えます。おまじないもありますよ♪
略奪愛を成功させる方法
好きになった人にはすでに彼女(奥さん)がいた…。諦めようと思っても、好きな気持ちは止められるものではありません。すでに相手のいる彼に振り向いて欲しい、略奪愛を成功させたいあなたに5つの方法を実際の体験談と一緒にご紹介します。
男運・恋愛運をアップさせる方法
「なぜか恋愛がうまくいかない…素敵な人に巡り合えない。もしかして男運が無いのかな?」そう思っている人はぜひこの恋愛運をアップさせる方法をやってみてください。恋愛運をみるみる上昇させて幸せな恋愛をしましょう!
結婚線の正しい見方
結婚のタイミングや幸せな結婚ができるかどうか、あなたは気になりませんか?実は手相で結婚運を知ることができるんです!でも手相ってどうやってみればいいのか分かる人は少ないですよね。手相を見ている友人の話を元に、正しい手相・結婚線の見方をお教えします!